電気工事業者が解決!~老舗ホテルに寄せられる苦情~

これがリアルなお客様の声

スーツ

宿泊施設の経営者は、宿泊客の声に耳を傾けることも大事です。現在はインターネットが手軽に利用することができるので、悪い噂やデマはあっという間に拡散してしまいます。どんな苦情が寄せられているのかを知ることも、宿泊施設の経営者の仕事です。

宿泊施設で多く寄せられる電気回りの苦情3選

  • テレビの映りが悪い
  • BSやCSなどの衛星放送が見れない
  • 室内の空気が悪いし臭いが気になる

これらの問題は電気工事業者に依頼して早急に解決しましょう

上記のような苦情を放置すると、宿泊客が激減してしまうでしょう。早急に対処することが、お客様満足度にも繋がります。快適に宿泊していただけるように、電気工事業者に依頼して、交換や修理しなくてはいけません。

それぞれの苦情を解決する方法

解決方法はコレ!

テレビの映りが悪い
宿泊施設のテレビの映りが悪い原因は、共同アンテナの取り付け工事が必要かもしれません。アンテナの交換や修理は、専門的な知識と特殊な電波計測器を使用するために、従業員では行なうことは難しいでしょう。宿泊客に高品質な映像でテレビを楽しんで頂くためには、電気工事業者に依頼して、アンテナの取り付けをしてもらいましょう。
BSやCSなどの衛星放送が見れない
長期間宿泊するお客様のために、BSやCSなどの衛星放送を導入したいと考えている経営者は、専用のアンテナを取り付ける必要があります。専用のアンテナ取り付け工事は宿泊施設の規模や、建物の形状によっても異なりますので、まずは電気工事業者にその旨を相談してみると良いでしょう。正確に電波を計測してくれるので、全部屋で快適に視聴できるようになります。
室内の空気が悪いし臭いが気になる
客室を快適な空間して、宿泊客にくつろいでもらうためには、室内の空気も重要な要素です。常に新鮮な空気でお出迎えできるように、換気扇の交換が必要です。淀んだ空気や変な臭いがすると、不快な気分になってしまう方もいますし、体調が悪化する方もいるでしょう。ですから、アンテナ取り付け工事を依頼する電気工事業者に換気扇の交換も依頼しましょう。電気工事業者なら、換気扇交換のような住宅設備工事も行なってくれます。

電気工事業者の選び方

電気工事業者を選ぶ上確認しておきたい3つのポイント

電気工事の許可証を持っているか確認

電気工事業者を選ぶ際に最も重要なことは、電気通信工事の許可証を持っているかどうか確認することです。宿泊施設のアンテナ取り付け工事は、大規模な電気通信工事になります。配線工事やエアコン工事などの簡単な電気工事の許可証では、行なうことができません。電気通信工事と電気工事は、似ているようで全く違いますので、気をつけてください。

使用している測定器を確認

共同アンテナの取り付け工事では、精度の高い計測器が必須になります。計測結果を確認後に、宿泊施設に最適なシステムの設計を行なうからです。そのため、精度の高い計測器を使用している電気工事業者なのかを確認してください。計測器を使用して、システム設計を行なえば、宿泊客からのクレームが減るでしょう。

保証やクレーム対応がしっかりしているか確認

電気通信工事では予期せぬトラブルが発生することもあります。宿泊施設などの大規模な共同アンテナの取り付け工事では、沢山の職人が作業を行ない、工事期間も長くなります。そのため、保証やクレーム対応がしっかりしている電気工事業者なのかを確認してください。保証やクレーム対応がしっかりしていると、何かトラブルが発生しても安心です。

TOPボタン